スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D14 採卵 ひとつの未成熟卵(MⅠ期)

7時10分、主人と共に受付。
主人は8時40分頃にはクリニックを出たそうです。

夢クリニックで初めての採卵でしたが、KLCで2回の経験があるし、
看護師さんは皆笑顔でとーっても優しく、ピンク色だらけの設備に癒されてリラックス。
ゆめノートをじっくり読んで「採卵は痛くないんだぁ^^」とますます安心していました。

今日の採卵は院長先生!わーい^^…と、
喜んだのは束の間、そのあとなぜか極度の緊張が込み上げて来て
「体がS字型になってる!これじゃあ麻酔できないよー」と叱られました。
やっぱり怖いのです…たぶん消毒が痛かったのかな、痛くて顔がこわばった時、
看護師さんが手を握ってくれて、思わず握り返してしまいました。
採卵は全く痛くなくて、モニターをじっと眺めていました。

看護師さんは何人かいて、私の顔のそばに常にいてくれる人が2人。
表情をよく見ていてくれて、「今、麻酔しますよ~」などと状況を教えてくれて
それがとても有難かったです。

そのあと、院長先生による内診→診察。
「今回は卵が取れたけどね、あなたはクロミフェン周期は難しいかも。だって卵をたくさん取る体制が取れないでしょう。その時は全身麻酔出来る他院を紹介になっちゃうよ。」と
大変ショックなことを言われてしまいました。自業自得ですけど…

KLC時代(とは言っても通院2ヵ月、採卵2回だけですが)から内診と採卵に
強い恐怖心があります。子宮の形、おかしいのかなぁ。
それとも極度の緊張が余計に痛くしているのか。。。

3階で培養士さんによる卵と精子の説明。取れた卵は1つの未成熟卵。いいんです!
KLCでは初回空胞だったんです…それから見ると前進しています。
診察室で院長先生の言葉を聞くまでは「空胞だったのかも…」と不安だったので
卵が取れたことに感動です。

未成熟卵にもMⅠ期、GV期と2種類あって、MⅠ期の方が成熟卵に近いそうです。
今回の卵はMⅠ期。精子数はKLC時代と変わらず。
今日の夕方までに成熟したら顕微授精になるそうです。

培養士さんによると

・胚盤胞になるまでのリミットは5~6日。
・今回その頃には私はD19頃に当たり、着床時期に適さないため移植は次周期。
・凍結後融解のリスクに耐えられるのは96.5%の確立。

クリニックを10時半頃に出て、帰ってからは「未成熟卵で妊娠」のキーワードで検索^^;
未成熟卵があった方はだいたい他にも卵が取れた方で。
私のようにひとつだけの卵が未成熟で…と言うようなお話は見つかりませんでした。

でも… うまく行く!私たちの卵を信じます。明日14時に受精確認。

仲良しパパとママだよー。絶対可愛がるよー、楽しいよー。
だからうちを選んで来てね、卵ちゃん!

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。