スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

請求書到着

採卵の結果、異常受精になってしまった今月の分の請求書が届きました。

・採卵・培養まで(胚移植中止)初回分 210,000円
・特殊技術(顕微授精、受精・分割(-)) 25,000円
・その他(採卵当日の座薬代) 513円
・主人の採精・検査代 680円

税込で合計247,968円。

振込みは北陸銀行へ。振込み期限は手紙が届いてから1週間以上先でした。

採卵は2回目だし、採卵・培養までの料金でも「2回目」が適用されるのかと思っていたら
初回料金でした。ちなみに採卵・培養までで2回目の金額だと約12万円ほど。
各項目ごとに初回料金になってしまうのだったら、今後の治療費がかなり厳しくなります。

引越しと、家具や電化製品を新たに購入をしなくてはならない状況だったことなどで、治療費はいつもかき集めて出している状態です。このままだと精神的にも辛い…

昨年末、派遣の仕事が契約終了してからは、治療と両立出来る午後からの仕事がなかなか見つからず、経済面では夫ばかりに負担が掛かって、ちょっと申し訳ない状況です。

かと言って治療をストップするのも、もうすぐ34歳になるし、赤ちゃん待ち5年目だし、相当な勇気が必要です。良い卵が採れる自信もありません。

今回請求があった費用が全てではなく、月6~8回の通院で平均5000~7000円の費用も大きな負担です。助成金20万円では到底足りないです。少子化問題ってどうしてもっと不妊治療にも向けてくれないのでしょうか。こんなに子どもを欲しいと思っている、普通の夫婦なのに。治療だけでも苦しいのに、費用のことも心配しなくてはならないなんて。

実は以前、少子化対策担当の小渕優子さんにそのようなメールをHP経由で送ってみたのですが、3か月以上経っても全く返答無しです。ちょっとは耳を傾けてくれているといいんだけど…。夫に小渕さんにメールをしたと言ったら、すごく驚かれましたが。

雑誌「赤ちゃんが欲しい」で野田聖子さんが、国会の前で議員に対して「不妊治療にも保険を適用するべきか」アンケートをして、アンケート結果をネットで公開したらいい、と言うようなことを書いていました。これで適用してもらえるなら、やりたいくらい。

今日でプラノバール服用も終わり。そろそろ生理が来ます。治療を継続するなら生理3日目には通院することになっていますが、今月も治療を継続するか悩むことになりそうです。

コメント

No title

こんなに子供が欲しいと思っている、普通の夫婦なのに・・・
という文章に、思わず涙が出てきてしまいました。

本当に治療も苦しいのに、費用を工面するのも大変なことですよね。
私も去年の7月上旬に陰性結果が出てから暮れまでの半年間、
アルバイトをしていたんです。正社員のときのお給料と比べれば
少ないですが、今回の治療の足しにはなりました。
札幌は東京や他の都市と比べると保険外診療(自費)の金額が
少し安いのかもしれません。↑の金額を見て、高いなぁという
印象を持ちました。
私は今まで、続けて次の月も治療ということがなかったので(
最低3ヶ月は空けてでした)、同じ金額を立て続けに支払うことは
我が家ではキツイと思います。なので、sumire *さんが悩まれる
気持ち、本当によく分かります!
私は赤ちゃん待ち3年目、今年で38歳になります。
一度お休みをするのも一つの考えかもしれませんが、気持ち的に
早く前に進みたい!と思ったりしますもんね。

*うっち~さん*

あまり口に出せない悩みなので、気持ちをわかって頂ける方がいることは、とてもとても有難いです。同感してくださってありがとうございます。うっち~さんは私より年上の方だったんですね。
ブログを始められた頃のお写真を拝見して、勝手に私よりお若い方なんだろうなって思っていました。お若いです!私もそういう37歳になりたい。赤ちゃんを待つ年数が増える度に、どんどん老けこんで行く気がして、ますます追い詰められちゃっています。
私は特に、自然周期で毎月のように採卵しているから、治療費がかなり高い方だと思います。先月も40万弱の治療費が掛かって、今月も30万弱。来月もまた同じくらいが掛かるかと思うと、ちょっと休んで働こうかなぁって毎月悩んでしまいます。でも休んでいるのも不安。困ったものです^^;

今日は、ありがとうございました。

すごく励まされました。

ブログ読ませていただきました、可愛いデザイン~。
sumire*さんも採卵しても個数が少ないタイプなんですね。
でも先生が色々試行錯誤してくださっているのは、嬉しいですよね。

私も子宮後屈で、痛みをこらえての内診や採卵をして高額治療費払ってもなかなか先に進めない現実に、むなしさだけが残ってます。

どうして政府は欲しいと真剣に願っている夫婦のサポートを考えてくれないのでしょう。最近の酷い母親のニュースを見るたび、日本の少子化対策って、あんな親達の為としか思えません(妊婦検診いきなり無料とか、普通の親なら有料だってきちんと受けますよね)。

幸い、先生が患者の話しを聞いてくださる方のようなので、D3だけでも行ってみて、ここでお休み周期を入れることについての先生の考えなど聞いてみてはいかがでしょうか。

これから時々寄らせてください。では、また。

*塔子さん*

塔子さん、こちらにコメントしてくださっていたのですね。
メールフォームからの連絡だと勘違いして、また塔子さんのブログの方へコメントしてしまいました。失礼しました。
私も酷い親たちのニュースには腹が立ってしょうがないです。
どうしてここにはこなくて、そっちへ行ってしまったの…?と悲しくなります。辛いことの方が多いから、わかり合える仲間と出会えることはとても嬉しいです。これからもどうぞよろしくお願いします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。